そこには自分が帰ってくる場所が必ずある100人100様の顔づくり、そして家族が話・輪・和する内部空間づくり。つまりクライアントにとっての心地よさや満足が得られる建築を目指します。

多くの人に影響を与えてしまう事の責任の重大性を自覚して、建築と格闘しています。

商業と建築の接点を見つけ出し、
オリジナルな商業空間の創造をめざします。